(サブタイトル不明01)

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
しっぽが氷っちゃったの巻 (サブタイトル不明01) パンダとキツネの雪合戦の巻


登場キャラクター

氷に頭から埋まったイノシシをビームで救助。
今回はアイススケートをして遊んでいる。
スピードを出し過ぎてしまい、氷に埋まってしまう。
ヌヒィと一緒にアイススケートで遊んでいたと思われる。
終盤のシーンでは氷を焚火で溶かす光景を傍観していた。

あらすじ

(機材の不調による録画失敗のため前半部分は不明)
ヌヒィがスケートでスピードを出しすぎてしまい、氷に激突、埋まってしまう。
そこへポロンが駆け付け、氷ごと切り出して救助。氷は焚火で溶かされた。

全台詞

...


使用楽曲

INDIANAPOLIS RUNAROUND - Robert Gretch

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「アイススケートをする時は気を付ける」「得意なことでも無理はし過ぎない」だろうか。

弾丸滑降の巻』に登場したヌヒィとキツネ君が再登場。前半部分ではウサギ君も登場していた可能性がある。

スケート場になった危険な道路の巻』により、ポロンは熱光線を使えることが判明している。今回、氷を融かすのに使用しなかったのはヌヒィの安全を考えた結果だと思われる。もし仮に熱光線を使用して救助したら、光線の熱でヌヒィの体が燃えて大惨事になると考えたのかもしれない。でも焚き火で炙ったら同じではないだろうか。

定型コメント

録画失敗
!?
出オチ
ヌヒィの氷漬け
ヌヒィの炙り焼き

  • 最終更新:2017-06-11 07:47:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード