(サブタイトル不明04)

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
自転車の練習の巻 (サブタイトル不明04) 人さらいの巻


登場キャラクター

イヌ君(サブタイトル不明04)
勝手に郵便配達のスクーターを運転した結果、止められなくなり困っていた。
パンダ君(サブタイトル不明04)
大阪のおじさんからのハガキを受け取っていたが、ポロンに返却した。

あらすじ

(録画時の上書きにより前半部分は不明)
郵便配達のスクーターを止められず慌てていたイヌ君を救出したポロン。勝手にスクーターに乗った事を注意する。その後、パンダ君を訪ね、受け取っていたハガキを返してもらった。

全台詞

...


使用楽曲

Relaxation - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「勝手に人の乗り物に乗ってはいけない」だろうか。

ここでストーリーの考察。
郵便配達中のスクーターを勝手に走らせてしまったイヌ君は、そのまま各地へ郵便物を届けてしまったと思われる。
パンダ君の下へ、いもしない「おじさん」からのハガキが送られてしまったトラブルも、赤の他人宛のハガキをイヌ君が適当に配達してしまった為に発生したのだろう。

今回は「大阪のおじさん」という聞き捨てならないフレーズが登場。この事から舞台は日本と思われる。
登山をしようの巻』では「富士山」が登場しており、この事からポロン世界の地球にも日本という国が存在する説が浮上していた。今話でまた一つ実在する日本の地名が登場した事でその可能性もより高まった。
「大阪」があるという事は、他46都道府県もおそらく存在するのだろう。ただし、アラスカが「国」として扱われているように、大阪をはじめ各都道府県も一つの「国」として存在する可能性がある。
皆さんがお住まいの地域は『ポロン』に登場するでしょうか?

イヌ君は他人のスクーターを勝手に乗り回してしまったが、きちんと持ち主、すなわち配達員の元へ返されるシーンが描かれていない。
後に発掘されたエピソード『困った郵便の巻』では、ポロンがスクーターに乗って郵便配達をしており、設定上の繋がりがあれば今話のスクーターの持ち主も彼だと思われる。
ポロンがパンダ君宅へハガキを取りに向かっている理由も、彼が配達をしていたからという解釈で片付くだろう。

定型コメント

SONY
拒否権無し
お願い♡
大阪

  • 最終更新:2017-04-29 14:59:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード