あぶない遊びの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
僕の車はスポーツカーの巻 あぶない遊びの巻 忘れ物の巻


登場キャラクター

危険な遊びをするアヒルちゃんをビームで浮遊させ、説教を行う。
走ってくる車に向かって道路脇から突然飛び出す危険な遊びをしている。
サルのドライバー・クマのドライバー
運転中、突如飛び出してきたアヒルちゃんに肝を冷やす。

あらすじ

アヒルちゃんは走行中の車に向かって道路脇から突然飛び出すという危険な遊びをしていた。
「こんなスリルいっぱいの遊びはやめられない」と、今度は向かってきたトラックにも同じことをしようとする。
それに気付いたポロンはビームをアヒルちゃんに照射。彼の危険な遊びは失敗に終わった。
ポロンはアヒルちゃんに「あんな危ない遊びはもう絶対にしちゃダメ」と説教を行うのだった。

全台詞

...


使用楽曲

MARY-JO - Robert Gretch

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「道路で遊んではいけない」だろうか。

危険な遊びをしているところをポロンに止められるという展開は『いたずらクマ君の巻』に通ずる部分があるが、お尻ペンペンされたクマ君とは違いこちらは説教をされた時点で反省するような描写も無く終了している。
アヒルちゃんの遊びはクマ君並、あるいは自分から車に突っ込んでいく分それ以上に危険な代物のはずだが、ポロンが体罰を執行する基準は果たしてどこにあるのだろうか。こういう時こそポロンの厳しさの見せ所なのに…。

ちなみに、本作の脚本担当の村山節子氏が同じく脚本を担当した映画「ノンちゃん雲に乗る」では、主人公の兄がこの危険な遊びをする場面がある。(ネタを使いまわしたか?)

定型コメント

あぶない遊び(意味深)
草むらの陰でガサガサ(意味深)
当たり屋
おっどろいたぁ(悟空)
エ゛エ゛ーイ

  • 最終更新:2017-07-09 20:58:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード