かさはめだつ色にしようの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
かさはどこだの巻 かさはめだつ色にしようの巻 安眠妨害の巻


登場キャラクター

「雨の日は交通事故が多い」と言ったそばから立ち木にぶつかってしまう。
タヌキ君(めだつ色)
黒い傘を差している。よく注意して道路を横断しようとしている。
サルの運転手(めだつ色)
タヌキ君の黒い傘が見えにくかったため、危うく車でぶつかりそうになった。

あらすじ

雨の日にパトロールをするポロン。雨の日は特に交通事故が多いから気を付けるよう、視聴者に呼びかけるが、立ち木に衝突してしまう。
その後、ポロンは道路を横断しようとするタヌキ君を目撃。ちゃんと左右をみてから横断していることに感心するが、その直後に車がタヌキ君を轢きそうになる。
ポロンは運転手にそのことについて説教するが、轢きそうになったのはタヌキ君の傘が黒くて見えにくかったからだった。納得したポロンは雨の中でも見えるようにするため、ビームでタヌキ君の傘の色を変えるのだった。

全台詞

...


使用楽曲

Moog Sensations - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「道路を横断する時は左右をよく確認する」、そしてタイトル通り「傘は目立つ色にする」の2つ。

1話目『かさはどこだの巻』に続いてまさかの連続傘回。
目立たない色の傘や服装は、特に雨天時や夜間では視認性を欠くというのは間違っていないのだが、運転手の「傘が黒くて見えにくかった」という弁解を聞くや否や、問答無用でタヌキ君の傘の色を塗り替えてしまうポロンの行動は些か強引ともとれる。そもそも傘の色は黒というより明るめのグレーであり、いくら悪天候であっても間違って轢いてしまうほど見えにくいという事はないだろう。

第一、上記のような供述は、万が一歩行者を轢いてしまった時の言い訳にすらならない。視界不良にも拘わらず無灯火で走っている点も含め、このドライバーの運転も危険と言える。
また、この供述に対しポロンも「そうだったのか」と納得しているが、「傘の色が目立たなかったら轢いてしまっても仕方がない」とでも考えているのだろうか?とても口酸っぱく交通ルールを説いている宇宙人とは思えない轢き逃げを黙認するぐらいだから無理もないだろうが)

また、ポロンが他所見をして木に激突してしまうシーンがあるが、ニコニコ動画では散々上から目線で説教を繰り返してきた彼に辟易していた多くの視聴者が、このシーンを見て歓喜した…というのはまた別のお話(ポロンが被害者になったケースは過去に『チビパンダの大雪ダルマの巻』があるが、自らの不注意で被害に遭ったのは今回が初)。

余談になるが、ポロンが運転手に説教をするシーンをよく見ると、1コマだけ彼の口が反転している。(撮影ミス?)
また、運転手の車の色が最初は赤だったのが、途中から黄色に変わってしまっている。傘の色の件といい、色の杜撰な扱いにモヤモヤさせられる回である。

定型コメント

傘回
やったぁ!
ざまぁwww
いいね!?(怒)
色が違う
は?
これでいいね(強制)

  • 最終更新:2017-04-15 20:43:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード