かるた取り組

かるた取り組

概要・特徴

かるた取りはきびしいの巻』『インチキするなの巻』に登場する、キツネ君・タヌキ君・ウサギの3人組。
3人は友達らしく、登場する度にかるた取りやババ抜きといったゲームで遊んでいる。
別名、「カルタトリオ」「カードゲーム同好会」。ニコニコ動画上では後者の名称で呼ばれることが多い。

キツネ君はいつもゲームで劣勢の立場にあり、その度になんとか勝とうと不正を行うのだが、突然現れたポロンにビームを照射され、お仕置きを受けてしまう。「チキショー」が口癖。

タヌキ君とウサギは煽りスキルが高く、キツネ君が苦戦しているのをいいことにやたらと煽ってくる。
負けたくないがために不正を行うキツネ君は確かに悪い。しかし、彼が苦戦しているところを煽り立てる他の2人も2人であるため、「あまり相手を煽り立てるのは良くない」とポロンに説教されてもいいはずであるが、そのような描写無しに登場エピソードは終了してしまう。
ポロンも不正を行ったキツネ君にやや過激なお仕置きをしておきながら、タヌキ君とウサギにはお咎め無しというのはさすがに2人に甘すぎやしないだろうか。

3人が登場するエピソードでは、キツネ君が不正を行ったと同時にポロンがいきなり登場するのだが、なぜ彼がこの場に居合わせたのかについては不明。ポロンの神出鬼没っぷりを見るに、パトロール中にたまたま通りかかったからだと思われるが、何らかの理由でポロンの家が物語の舞台となっていて、そこで遊んでいた際に起きた出来事と言う可能性も少なからずある。

登山をしようの巻』や『交通安全教室の巻』に登場するキツネ君とタヌキ君はこの個体と似ているが、いずれも細部のデザインが異なるため、別人と思われる。『登山~』のタヌキ君が繰り出す嫌味ったらしい口調は実にそっくりだが。
また、『水まくなの巻』にこの個体とそっくりなタヌキ君が登場するが、同一人物かは不明。

主な台詞

キツネ君

  • 「チキショー、タヌキの奴め生意気だぞ~」
  • 「かるた取りは厳しい~」
  • 「チッキショー、がっくり」
  • 「にひひ、そーですねー、いいカードが来てくれたよぉ、ほんとは違うんだけどなぁ」
  • 「だって、全部ババなんだもん」

タヌキ君

  • 「キツネ君としたことが、どうしたのぉ?」
  • 「ズルいなぁ~」
  • 「あーあ、キツネ君、このカードがいいよ」
  • 「キツネ君、いいカードが行ったねー、えぇ?」
  • 「そんな泣きそうな顔してさぁ」

ウサギ

  • 「さあ読むわよ~、犬も歩けば棒に当たる~」
  • 「調子悪いわねぇ、頑張ってねぇ」
  • 「論より証拠~」
  • 「さあー始めよー?」
  • 「キツネさぁん、どうしたのぉ?」

  • 最終更新:2017-04-12 21:05:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード