アイスクリーム

icecream.png

概要

牛乳等を主原料としたクリームを凍らせて作った…もはや説明不要の大衆的デザートである。
『星の子ポロン』では、『アイスクリームだ走れの巻』『うそつきうさ君の巻』『大食い競争の巻』に登場する。

特徴

作中では、コーンの上へアイスをツイスト状に乗せた、いわゆるソフトクリーム型に描かれる。クリームの色は『アイスクリームだ~』では茶色、『うそつき~』では黄土色、『大食い~』では白である。

『アイスクリームだ走れの巻』におけるアイスクリーム

makingice.png
アイスクリームを作るシロクマくん

シロクマくんが親友のキリンくんへの誕生日プレゼントのために、アラスカのから手作りしたものとして登場。キリンくんの住むアフリカの暑さによって一度溶けてしまうも、ポロンによって無事再生された。

手作りと言っても劇中ではシロクマくんが氷塊をハンマーで叩く様子しか描かれず、詳細な製法は一切不明である。
氷をどんなに細かく砕いても出来上がるのはかき氷かシャーベットになりそうだが、一体どのようにしてこのような(トップ画像)見た目滑らかなアイスクリームを作り上げたのだろうか。
もし現実でこれを「アイスクリーム」と呼び、商品化するのであれば、その定義や成分規格をクリアする必要がある(後述)。

『うそつきうさ君の巻』におけるアイスクリーム

うさ吉が冷蔵庫から失敬した食べ物の一つとして登場。うさ吉は牛乳に続いてこれを食べ、更にフルーツを食べ散らかしていたため腹痛を起こしてしまう。

『大食い競争の巻』におけるアイスクリーム

オオカミ主催の大食い競争で、タヌキとウサギが49個ずつ食べた。
しかし2人は食べ過ぎによりお腹を壊したため、ポロンがビームで全て摘出した(未消化ゲロ)。
アイスクリームのような冷たい食べ物の暴食は、腹痛以外に低体温症を引き起こす危険性も孕んでいるのでくれぐれも真似をしないように。

「アイスクリーム」の定義

「アイスクリーム」と言ってもその種類は様々。
一般社団法人 日本アイスクリーム協会によれば、日本では食品衛生法に基づいた「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」および「食品、添加物等の規格基準」という法律によって「アイスクリーム類」の明確な規格や定義が定められている。

区分 種類 乳固形分 乳脂肪分 定義
アイスクリーム類 アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上 乳固形分・乳脂肪分含有量が最も多い
ミルクの風味が豊かに感じられる
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上 乳成分含有量は牛乳と同程度
植物油脂が使われる事もある
ラクトアイス 3.0%以上 - 乳固形分が更に少ない
植物油脂が使われる事もある
一般食品 氷菓 上記以外 アイスキャンディーやシャーベット、かき氷等
乳固形分はほとんど含まれない

前述の通り、シロクマくんは氷を砕いて「アイスクリーム」を拵えていたが、本編を見る限り、ミルクや生クリームらしき材料は用意されていない(付近に置かれた茶色いバケツや黄色い箱が怪しい?)。

この事からシロクマくんは、(完成形時点での茶色い着色は別として)氷のみでアイスクリームを作ってしまったという、まさに「星の子ポロン」らしい現実離れした製法を捻出していたと考えられる。
しかし、実際の「アイスクリーム」の製法からは大きく逸脱しており、氷を主原料としている事からどちらかと言うと「ジェラート」に近いと言える(クラッシュアイスを果物等と混ぜ合わせるレシピそのものは存在する)。

一応「アイス(クリーム)」という言葉自体、「凍らせた菓子」を広義的に指す通称として使われるので、どっちみちシロクマくんが作ったものは「アイスクリーム」と呼んでも間違いはないのだろうが…。

(狭義的な意味での)「アイスクリーム」はご家庭でも簡単に作る事ができるが、シロクマくんのように氷を細かく砕いてアイスクリームのベースを作れというような行程を踏む必要はない(あったとしても一般的ではないだろう)ので、みんなは真に受けたりしないようにね?

  • 最終更新:2017-07-07 17:16:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード