イントロダクション ~「星の子ポロン」について~

星の子ポロン.png

概要

約5分程度で話は二本立てというミニ番組で、子供たちが守るべき社会のルールが題材となっている。ポロン以外の登場人物は動物である。アニメ作品としては作画枚数はそれほど多くはないため、動きが単調かほとんどないシーンもある。各回の冒頭でポロンが登場して自己紹介を行うと本編が始まり、最後はポロンが「バイバーイ」といって去っていく。 (『星の子ポロン - Wikipedia』より)

あらすじ

地球の楽しいきれいな森に、宇宙の彼方から円盤に乗ってやってきた小さな宇宙人の子ども・ポロン。いろいろな動物の家族が平和に暮らしている森をポロンはすっかり気にいるが、ウサギやキツネやクマのやんちゃな子どもたちのいたずらで、いつも思いがけない騒ぎが起こる。ポロンはあきれながらも、こっそり不思議な力を発揮。壊れものを元どおりにしたり、なくしたものを捜したりして、森のみんなを助けてやるのだった。 (「TVアニメ25年史」アニメージュ編集部編 より)

内容概説各話概要の項も参照。

注目されている理由

  • 仮定する状況が全く現実に即しておらず、1分の時間枠に合わせて無理に内容を要約しているため、伝えるべきメインテーマが伝わりにくいという本末転倒な問題点を抱えている。場面の説明を省いて次々に話が進み、ポロンが問題を解決して終了するため、考える間もなく視聴者が置き去りにされてしまう。 (『星の子ポロン - Wikipedia』より)
  • 今のところ発売中のメディアはなく、それどころかマスターテープ自体が現存するのかもまったく不明である。現在動画共有サイトにアップロードされている映像は、どうやらテレビ放送時に録画されたものがソース元のようである。 (ニコニコ大百科より)

スタッフ

製作は「時報映画社」というニュース映画や自動車教習所の教育映画などを手がけていた実写映画制作会社。
アニメーション制作は同社がアニメ部門として設立した子会社「日本動画」というアニメスタジオが担当。
日本動画は「ポロン」以外に「ガンとゴン」という作品を制作したのみで消滅した模様で、あの「チャージマン研!」で知られるアニメスタジオ・ナックの創成期に作画スタジオとして関わっていた時期も存在するようだ。

  • 最終更新:2017-05-14 22:27:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード