コロ助の水まき失敗の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
ブー吉宙づりの巻 コロ助の水まき失敗の巻 強情もほどほどにの巻


登場キャラクター

コロ助の事を知っているようで、水から落下した彼を救助する。
コロ助(騒動)コロ助(滝)とは別人であるので注意。(おそらく)子グマ。消防ホースに悪戯してしまう。
サル(水まき)
自転車に乗っている。水圧によって吹き飛ばされ、樹木の曲線で一回転し転倒。
ダンプカー
水圧によってあっけなく粉砕されてしまう。
ネコ(水まき)
ダンプカーの運転手。ダンプカーは粉砕されるも本人(と握ってたハンドル)は無事。
消防ホースを触ろうとするコロ助に止めるよう説得する。

あらすじ

コロ助が消防署(最初に消防車が出ていたことから)の片隅にあるホースを見つけて触ろうとする。ナレーションが「大人でも触るのが難しい」ことを理由に止めるように説得するが、ホースから水が噴射されてしまい手遅れに。
ホースはコロ助の力で止められず、サルを運転していた自転車ごと吹き飛ばし、樹木の曲線で1回転ののち転倒させたり、砂利を大量に運搬している途中のダンプを運転手のネコとハンドルを残して木っ端微塵にしたりと暴れまくる。
ついにはコロ助も耐えられず、ホースからの水で上空まで押し上げられてしまった。そして水から落ちたところをポロンが見つけてキャッチして救助。ナレーションの「助かって良かったわね」という簡潔なくくりで締めくくった。

全台詞

...


使用楽曲

BOYS AND GIRLS - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「大人にとっても扱いづらい事物を容易に接触してはならない」と思われる。

登場キャラクターの「コロ助」は子グマだが、他エピソードでの「コロ助」(ママがいるほう、水遊びしてたほう)との関連性は不明。恐らく何も考慮も無しに命名したものと思われる。

作中でサルやネコは水圧による被害にそれぞれ遭うのだが、現実に消防ホースからの水圧を人がまともに受けると今回の自転車サルのように吹き飛ばされるどころか大怪我をする危険性がある。どのくらい危険かというと10kg/cm2(1MPa)ぐらいの水圧を食らっただけで打撲傷を負うこともあるほか、腹部に水を受けた場合、内臓損傷を引き起こすこともある程で、顔に水圧を受けようものなら最悪、眼球損傷に至る恐れがあるらしい。
また、ホースからの水圧による破壊力は建物の屋根や壁を破壊するほどであるという。ダンプが粉砕された件については単にそのダンプが欠陥車なだけと思われるが。

水圧で吹き飛ばされた自転車のサルが樹木の曲線で一回転するシーンだが、かの有名なソニックシリーズの作品に登場する「360度ループ」をソニック等が駆け抜ける描写に似ているためか、ニコニコ動画上では「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」と揶揄されている。「ハリネズミじゃないし、スピード感が無い」とか言ってはいけない。

今回、ポロンはビームを使用していないが、何故かコロ助の救助に駆けつける際にビーム照射時のSEが鳴る。

サブタイトルミス問題がまたしても発生。今回は「敗」の字が間違っており、左につく「貝」が「」になっている。

定型コメント

誤字
アラータイヘンナコトニナッチャッタワー(無関心)
慌てているアッー
ソニック・ザ・ヘッジホッグ
いったい何がどうなってんの?
優 勝
コロ助、お許しください!

  • 最終更新:2017-06-02 22:24:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード