スカンクきらいの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
不思議な奇術師の巻 スカンクきらいの巻 伝染病をやっつけろの巻


登場キャラクター

大仏にネズミ君の苦手なものがネコである事を教える。
ネズミ君(観光)
大仏に苦手なスカンクを見せて逃げ惑わせてしまう。
一見普通の大仏に見えるが、立ち歩いたり喋ったりできる
スカンク
ネズミ君が大仏を驚かせるために持って来た。
ネコ(スカンク)
大仏がネズミ君を驚かせるために持って来た。

あらすじ

小丘の中央に鎮座する大仏を見上げるネズミ君。彼はふと、こんな大きな大仏でも苦手なものがあるのかと呟く。
すると突然大仏が「スカンクが大嫌い」と口を利いたではないか。ネズミ君はそんな大仏にスカンクを見せ、仰天させてしまう。
逃げ惑う大仏の姿を面白がるネズミ君を懲らしめるべく、ポロンは大仏の下へと向かう。そして彼にネズミ君の苦手なものを教えてあげた。
調子付くネズミ君に大仏はネコを突きつける。飛び上がるネズミ君は、何故自分がネコを苦手な事を大仏が知っていたのか疑問に思いつつ逃げて行った。
最後にポロンが人の嫌がる事をしないよう視聴者に呼びかけるのだった。

全台詞

...


使用楽曲

MAAG - Robert Gretch

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

生きた大仏、またもや登場。

この大仏やネズミ君は『観光旅行の巻』に登場するものと同一であると思われるが、『観光』時点での大仏は動きもしなければ喋る事もない普通の大仏様として描かれていた。
そうした背景があっただけに、この大仏が生きて動くというシナリオは、よくある後付け設定にしてもあまりに衝撃的過ぎる超展開として多くの視聴者を震撼させた。
やき芋騒動の巻』でも生きた仏像が登場していたが、まさかこちらの大仏もだったとは、思いもよらなかっただろう。この先3、4体目が出現する頃にはもう皆も慣れて来るはず(出て来んな)
もはやポロン世界での大仏や仏像は「動物」同然の存在なのだろうか。生きて動かない方がおかしいと言うことなのか。

百歩譲って大仏が生きているのが普通と捉えたとしても、『観光』でツアーが催されるような名所として扱われる大仏が簡単に走り回ってしまうと騒動の原因になりはしないだろうか。
だが、ネズミ君もポロンも大仏が動ける事を当然のように受け容れている辺り、名所というより「時々立って歩く事もある大仏さん」として観光客に親しまれている可能性もある。
『観光』でポロンが大仏を持ち上げたりネズミ君の尻尾を挟んだりしていたが、多分その時は眠っていたとか…そんな感じに考えておけば問題ないだろう。

「スカンク」がメインキャラであるかのようなサブタイトルだが、肝心のスカンクはワンカットにしか登場せず、しかも大仏を驚かすためだけに持ち込まれた「モノ」扱い。
そのスカンクも見た目はクマかタヌキにしか見えない。精々フサフサした形状の尻尾がそれっぽい程度である。ちなみにクマもタヌキもスカンクもネコ目(食肉目)に分類される(それを似通ってしまっても仕方がないという理由に繋げるのは強引だが)。
大仏には嫌われ、ネズミ君には道具扱いされ、出番は少なく、キャラデザすらまともに描かれない…『星の子ポロン』屈指の不遇キャラであろう。

スカンクと言えば強烈な悪臭を持つ分泌液を放つ動物として有名だが、ただ臭いなんてものではない。
皮膚や衣服に付着したニオイは除去する事はまず困難。また、分泌液が直接目にかかると最悪の場合失明の恐れもある
風向きにもよるが、悪臭の範囲は最大2km近くにまで広がると言われている。
見た目は可愛らしくも非常に恐ろしい動物なのだが、ネズミ君はそんなスカンクを平気で抱えている辺り相当な度胸の持ち主だ。こんな無鉄砲な真似ができるぐらいならネコなんて目じゃないと思うが

余談だがスカンクの分泌液に含まれる「ブチルメルカプタン」は、第一次世界大戦中アメリカ軍が毒ガス兵器として使用していた事がある。
間接的ではあるもののスカンクは現実でも「道具」として扱われていた事になる。だが、ネズミ君のスカンクに対する扱いがこの出来事を風刺したものであるかは定かではない…。

大体、人間も動物も全ての生き物を救うとされる慈悲深き仏様を表した大仏様が、スカンクという一動物を「大嫌いだ」と一蹴してしまっていいものなのか。
おまけにスカンクのごとくクサいダジャレ子供向け教育番組としての矜持を保つためのテコ入れなのかもしれないが、神聖さも何もあったものじゃない。このオヤジギャグのためだけにスカンクを登場させた可能性すらある。
ポロン世界の仏教(に相当する宗教)もさほど大したものではない事が分かる。

以上の事から、今話で「生きた大仏」を登場させる必要性がほぼ皆無に等しいのは火を見るよりも明らか。「苦手なスカンクを突きつけられてパニックになる」という展開一つ取っても、その役回りは普通の動物で十分事足りた筈である。

この大仏の行動を踏まえて「人の嫌がる事はやめよう」と(なぜかネズミ君ではなく視聴者に)教訓を述べるポロンだが、そう言う貴方こそ過去に似たような事をやっていたのをお忘れではないでしょうか?(もっともあれはブタ君の食い意地を改めさせるという目的こそあったが…)

定型コメント

のけものフレンズ
!?
キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!!
大仏が差別
スカンクは好かん(激寒)
は?
おもしるえ
大仏にタメ口
時報ステップ
お前が言うな
大仏である必要性

  • 最終更新:2017-06-29 22:51:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード