スケート場になった危険な道路の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
弱い者いじめの巻 スケート場になった危険な道路の巻 弾丸滑降の巻


登場キャラクター

「熱光線」を使用して道路の氷を溶かし、車の走行をアシストする。
青ペンキ組(サル、ウサギ)
今回は道路に水をまいてスケート場にするが、水を出しっぱなしにしてしまう。
アイススケートで遊ぶ息子にご飯の時間なので帰るよう呼びかける。
今回は、出しっぱなしになっていた水が流れ出て、その水が凍ってしまった道路の上を夜分に走ってスリップしてしまう。スリップ中に何回か視聴者目線(カメラ目線)になる。

あらすじ

ウサギとサルが家の前の道路に水をまいてスケート場を作って遊んでいた。
母親から呼び出されて帰るも、水を出しっぱなしにしてしまい、道路は凍結したままに。
その夜、そこへ車が走ってきた。スリップ事故の危険性を察したポロンは熱光線を出して道路の氷を溶かした。
最後はウサギとサル、そして視聴者に寒い時期に水を撒くことに関する注意を促した。

全台詞

...


使用楽曲

Tijuana Rhythms - Robert Gretch

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

当エピソードにおける教訓は「水を出しっぱなしにしてはいけない」に尽きる。氷で滑ることの怖さが割と具体的に描写されている点も見どころである。
またこの回ではポロンが「熱光線」を出して、水まきで凍った道路の上でスリップする車の走行をアシストしている。ポロンのビームの可能性が広がっているのがよく分かる回である。

サルとウサギは『信号機が皆、青になっちゃった!の巻』にも登場している。前回と同じく車に関するエピソードだが、前回と異なり事故は起きていない。
なお、現実では凍結のおそれがある場合にみだりに道路へ水を撒くことは違法行為である。

定型コメント

スベるぞスベるぞ~(受験生への煽り)
ごはんです代
大変なことになりますよ(水道代が)
直線ドリフト
こっちみんな
熱光線

  • 最終更新:2017-04-08 21:11:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード