ダイナマイトを食べたゴリラ君の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
ファッションショーでございの巻 ダイナマイトを食べたゴリラ君の巻 バナナの皮とゴリラ君の巻


登場キャラクター

ポロンにしては珍しく慌てている姿が見られる。
ダイナマイトを構わず食べてしまい、大変なことに。
ダイナマイトをキャンディーと勘違いして食べようとする。
よく調べずに食べようとするタヌキ君に注意を促す。
冒頭に登場。

あらすじ

切り株の上におかれたかごを見つけた三人組。中にあったキャンディーみたいなものをタヌキ君は食べようとするが、ウサギによく調べてから食べるべきだと言われる。
だがゴリラ君は自分が調べるとばかりに一人で食べてしまう。
かごの中身はダイナマイトであり、ボロンの警告にも耳を傾けずゴリラ君はダイナマイトを食べ続ける。
案の定ゴリラ君はお腹を下し、さらに出したう○こが爆発する羽目に。
お尻を押さえながら爆発で跳ねまわるゴリラ君を見て、他の3人は「何でも構わず食べるからああなった」とあざ笑うのだった。

全台詞

...


使用楽曲

Bandannas - Robert Gretch
  • ピッチが原曲より少し高い。

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「何だか分からないものはよく調べてから食べるべき」だろう。

今回の教訓は『笑い茸の巻』の教訓(ものを何でも見境なく食べるな)とよく似ている。
『笑い茸~』において、笑い茸を食べてしまい苦しんでいたたぬ吉君をポロンは助けていたのだが、それとは対照的に今回のダイナマイトを食べたゴリラ君に対しては苦しむさまをそのまま放置してあざ笑ってさえいる。
これは台詞にあるとおり、折角ポロンが食べるなと忠告したのにも関わらずゴリラ君がそれを聞かなかったためであり、このことから本話には「他人からの忠告はきちんと聞くべき」という教訓も存在するといえるだろう。

作中で漫画的なう○こがストレートに描写されている。ゲロの描写はダメみたいだが、う○こは大丈夫みたいである。

ダイナマイトを食べたゴリラ君、食べようとしたタヌキ君も問題だが、人目につきやすい切り株の上にそれを放置しておく所有者も管理者として問題である。

定型コメント

ゴリラの中にダイナマイト
そうか、お腹の中に爆弾が!
そうか、ゴリラの中に爆弾が!
ゴリラ君、お許しください!
何が入っているんでしょう(すっとぼけ)
は?
僕にもクレヨン
do-dai
ダイナマイトという名のダイナマイト
等速直線運動
お腹壊す(物理)
啓蒙思想だ(明治時代)
一時停止禁止
下ネタ
ウンコ
ウ ン チ ー コ ン グ
m9

  • 最終更新:2017-05-17 22:14:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード