バスの中は大混乱の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
急がば廻れの巻 バスの中は大混乱の巻 かさはどこだの巻


登場キャラクター

吊り革で遊ぶサル君をビームで宙づりにする。
今回はサル君にお仕置き(体罰)をしたところで突然話が終わる。説教さえもしない。
サル君(バス)
バスの乗車待ちの列に割り込みした挙句、車内では吊り革で悪ふざけを始める。
運動神経が発達していることを自慢するが、動物病院組のサル君と同一個体であるかは不明。
クマ(赤色・バス)
赤い服を着たクマ。割り込み乗車をしたサル君に注意をする。
クマ(緑色・バス)
緑の服を着たクマ。吊り革でふざけはじめたサル君に注意をする。
バス停に並ぶ動物たち
タヌキ・キツネ・ウマ・クマ・ウサギが確認できる。
車掌
声のみ。何の動物であるかは不明。
冒頭のみ登場。

あらすじ

バス停でバスを待っていたサル君。バスが来たと同時に割り込み乗車をし、赤い服のクマに注意されるが、もたもたしてるからだと言い返し、反省の色を見せない。
バスが発車してしばらく経ち、退屈になったサル君は吊り革で遊び始める。緑の服のクマに叱られても、出来ないから悔しいのかと全く意に介さない。
見かねたポロンはビームをサル君と吊り革に照射、彼を吊り革で宙づり状態にするお仕置きを行う。サル君は下ろしてくれと悲鳴を上げつつ、迷惑行為を行ったことを反省するのだった。

全台詞

...


使用楽曲

Madder Than Mad - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「割り込み乗車をしない」「バスの車内では大人しくする」の2つ。

『交通事故に気をつけようの巻』と同じく、サル君が運動神経が発達していることを自慢するシーンがある。ポロンの世界では「サル=運動神経の発達した者」というイメージがついているのだろうか。だからと言って割り込んだり車内でふざけるのは良くないが。

例え対象者に体罰を行ったとしても、ポロンが騒動を引き起こした人物に締めの説教を行うか、視聴者にしてはいけないことについて注意を促して終了するのが基本であるが、今回は尺が足りなかったのかサル君が体罰を受けた状態のままいきなり話が終了してしまう。同様の終わり方をするエピソードは他に『油断は禁物の巻』『うるさいラジオの巻』などがある。

定型コメント

馬がいる
運動神経が発達(自称)
山田うどん
オーライ
内村航平
煽り猿
体罰

  • 最終更新:2017-04-09 19:04:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード