ピョン吉がいないの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
春のお誘いの巻 ピョン吉がいないの巻 船が沈没の巻


登場キャラクター

ピョン吉(いない)
崖に咲いていた花を摘もうとして転落してしまう。
パンダ(いない)
サル(いない)
イヌ(いない)
ピョン吉を含め遠足に来た生徒。パンダは服の色が白だったり黄色だったりと安定していない。
先生(いない)
ヤギの女性。生徒達に崖の方で遊んではいけないと忠告する。

あらすじ

遠足にやって来たピョン吉達。先生から崖の方で遊ばないよう注意されるが、ピョン吉はその忠告を無視して崖っぷちに咲いていた一輪の花を摘もうとする。結果、ピョン吉は崖から落ちてしまった。
その頃、遠足は終わりの時間を迎えており、戻って来ないピョン吉を先生達は心配していた。そこでポロンが彼を探す事に。
命からがら木の枝に掴まっていたピョン吉はポロンに救出され、規則を守らなかった事を先生に謝罪する。
そんな彼に、ポロンは崖に咲いていた花をプレゼント。花を摘みたくて崖に近付いてしまった事をポロンは知っていたのだ。喜ぶピョン吉は、二度と危険な場所へは近付かないと約束するのであった。

全台詞

...


使用楽曲

Quand Le Temps Sera Venu - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「危険な場所へ近付いてはいけない」。

先生の話を全く聞いていないピョン吉、服の色がコロコロ変わるパンダ等、細かなツッコミ所は相変わらず見られる。

しかし、今回のストーリーはいつもと比較して順当な出来であると言えよう。
ピョン吉を反省させつつ彼のささやかな願いも叶えてくれる、珍しく紳士的なポロンも見ることができる。

ポロンが救助活動以外で善行を施すエピソードは、この他にも『かさはどこだの巻』がある。
もっともこちらは、作中に登場するクマ君が損な思いをしてしまう他、ポロンの行動自体も「NTR」等と揶揄されてしまっているため、「親切なポロン」として見るには若干人を選ぶかも知れない。
誰も傷付ける事なく純粋な善意を示したのは今話が初であろう。

定型コメント

突撃ー!
いつもの
全裸パンダ
塗り忘れ
無表情
言い訳
きれいなポロン
ポロンっていい奴だなー

  • 最終更新:2017-10-14 00:48:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード