ブー吉宙づりの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
石油を堀りあてたモグラ君の巻 ブー吉宙づりの巻 コロ助の水まき失敗の巻


登場キャラクター

ビームでロープを操ってブー吉を救出。
ブー吉
ロープの使い方を誤り、宙吊りになってしまう。
オオカミ(宙づり)
ロープを切ってブー吉を落とし、食べようとする。
ブー吉がロープで荷物を上げようとしている事を説明。

あらすじ

滑車を使って荷物を持ち上げようとするブー吉。しかし力が足りず宙吊りになってしまう。
その時、向こうからオオカミが登場。紐を切ってブー吉を食べようとする。
そこへポロンが駆け付け、ビームによってロープを操り、オオカミを縛り上げてしまう。
その後ポロンは、助かったブー吉と握手を交わしながらロープの取り扱いに注意するよう教え諭した。

全台詞

...


使用楽曲

PASTIME MUSIC - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「ロープの取り扱いに注意する」であろう。

このエピソードは、星の子ポロン版「3匹のこぶた」と取れる可能性がある。尤もブタは1匹しか登場しないし、オオカミへの罰も異なる。

ブー吉は力が足りなくてロープを持ったまま宙吊りになってしまうが、この描写自体に大きな矛盾が生じてしまっている。それはロープの長さである。荷物とブー吉の両方が接地した状態ではロープは十分な長さがあったにも関わらず、ブー吉が持ち上げられた時には長さが半分近くにまで短くなってしまっている。『星の子ポロン』の数ある作画ミスの中でも、これはかなり手痛いものと言えるだろう。

また、宙吊り状態になり降りられなくなってしまったブー吉だが、正直この程度の高さならそのまま手を離して落ちても軽いケガで済みそうな気がする(少なくともオオカミに食べられてしまうよりずっとマシである)。ブー吉は余程気が動転していたのか、あまり頭が良くないのだろう。

そもそもブー吉は、滑車で荷物を上げ下げしていただけで一体何をしたかったのか分かりにくい。近くに荷物を輸送するための乗り物等も置かれていない。2階に荷物を送り込もうとしていたわけではなさそう。
本当に何がしたかったんだ……?

定型コメント

荷物あげてんのねぇ(無関心)
物理
は?
うまそうだぞこれは~
倒置法

  • 最終更新:2017-06-17 08:54:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード