交通安全教室の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
いたずら失敗の巻 交通安全教室の巻 変なパンができたの巻


登場キャラクター

今回は子供たちを集めて「交通安全教室」を開き、自転車の乗り方と道路横断の仕方を教える。
タヌキ君(交通安全教室)
ポロンの指示通り自転車を運転するがふらふら運転だったため、彼に「悪い見本」と言われてしまう。
キツネ君(交通安全教室)
左右の安全確認を怠ったため、サルが運転する自転車と接触。
何故か最後のシーンでは口が動いているのにも関わらず、彼の声がない。
クマ、サル、ウサギ
「交通安全教室」の生徒として登場。
自転車に乗ったサル
ポロンが横断の仕方を教えた際に登場。道を横断中のキツネ君と衝突する。
話の流れやデザインが異なることから、上記のサルとは別個体と思われる。

あらすじ

屋外で「交通安全教室」を開講したポロン。
最初に自転車の乗り方を子供たちに教える事にする。タヌキ君に自転車を運転させるがふらふらしていたため、自ら正しい見本を見せ、子供たちを感心させる。
続いて正しい横断の仕方について教える。キツネ君に道を横断させるが、自転車に乗ったサルと衝突してしまう。ポロンは子供たちに左右の安全をよく確かめてから横断する事を教えた。
ポロンの話を聞いた子供たちは元気良く返事をし、悪い見本を見せてしまったタヌキ君とキツネ君は、反省するのだった。

全台詞

...


使用楽曲

Les Trois Pierres Blanches - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「自転車はふらふらしないよう正しく運転する」「道路を横断する時は左右をよく確認してから渡る」。
これまでに交通安全に関するエピソードは何度か登場したが、ポロンが「教室」という形で子供たちに交通ルールを教えるケースは今回が初である。『螢の光の巻』等で教師的立場として登場していたポロンだが、これが学校の授業名目で行われたかどうかは不明。

職業はどうあれ、ポロンのいい加減さは相変わらず。自転車を運転させておきながら、タヌキ君を「悪い見本」呼ばわりするのは、物を教える立場としては不適切である。一応自ら正しい自転車の運転を披露してはいるが(ただしペダルを漕いでいない)、ただ「うまい」と言われるのみであり、具体的な正しい運転の仕方をタヌキ君に教える等もしていない。

キツネ君には「道を横断してみろ」と指示しているが、地面には道路や横断歩道等を表した線も何も描かれていない。「道」がないのに一体何処を渡れと言いたいのか。これでは自転車のサルが一方的にぶつかって来たようにも見えてしまう。

定型コメント

ポツン
遠景
殺風景
電波少年
ハイどうぞ
悪い見本ですね!
煽られ狸
うまいなぁーバリカンは
!?
シャドーダイブ
危ないですねー(笑)
歩行者に厳しいアニメ
いいですねー?(適当)
ワシにもわからん
声が一人分

  • 最終更新:2017-04-15 21:06:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード