交通整理は大変だの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
やき芋騒動の巻 交通整理は大変だの巻 この先行き止まりの巻


登場キャラクター

お巡りさん(交通整理)
イヌの男性。交差点で交通整理をしていたところ、ピンクの車に撥ねられる。
ブル君に似ている。
ピンクの車のドライバー(交通整理)
オオカミの男性。イヌを轢き逃げする。
サル(交通整理)
猛スピードで走って来たピンクの車に轢かれそうになる。

あらすじ

交差点で車の交通整理をしているイヌのお巡りさん。ところが、ピンクの車に撥ねられてしまう。
事故の瞬間を目撃していたポロンは、直ぐ様ピンクの車を追跡する。
一方、猛スピードで走り続ける車は路上にいたサルを今にも轢きそうになっていた。ポロンは車をビームに照射し、空中に浮遊させる事で衝突事故を回避させたのだった。
最後にポロンは視聴者へ、交通整理をしてくれるお巡りさんに迷惑をかけないよう呼びかけた。

全台詞

...


使用楽曲

Fusee Dans le Ciel - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「交通整理をしてくれるお巡りさんの迷惑にならないこと」。

信号無視のオオカミ君の巻』に登場した「木の信号機」が久々に登場。ただし、『信号無視~』のランプが1つなのに対し、今話は従来と同様3つ付けられている。『車は恐しいの巻』に登場した「枯れた花の信号機」とのハイブリッド型と言える。

オオカミのドライバーはお巡りさんを轢き逃げしている。普段から狼に厳しく、『信号無視〜』で轢き逃げを黙認していたポロンも今回に限ってそれを知らんぷりする筈がなく、行動を起こしている。
しかし、お仕置き自体は「車を宙に浮かせる」というだけの体罰を伴わないもの。オオカミに対してぬるめの制裁を与えた数少ないパターンである。浮遊させたまま放置の可能性もあり得るが。

轢かれたお巡りさんもほぼ無傷に見え、何事もなかったかのように仕事を続けている。
とはいえ、一応犯罪行為なのだから、そこはいつものようにガツンとやって貰えればよかった気もするのだが…。
だが、次のエピソードではちゃんといつもの「狼に厳しいポロンちゃん」が見られるので、アンチ狼(いるの?)の皆さんはご心配なく。

サブタイトルに振られた「こうつうせいり」のルビが「こうつうせい」に見える。

定型コメント

こうつうせいう
ナレーター:ポロン
整理できてない
他人事
あいのり
ラブワゴン
轢き逃げ
許さないぞー(笑)
ルール違反
\(^o^)/
みんなもさぁ
馴れ馴れしい

  • 最終更新:2017-06-22 16:07:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード