動物病院組

動物病院組.png

概要・特徴

交通事故に気をつけようの巻』『車は恐しいの巻』に登場する、サル君・パンダ君・ゾウ君の3人組。
パンダ君とゾウ君は交通事故に遭い、『動物病院(こんなところ)』に入院。そんな2人のお見舞いに訪れた(と思われる)サル君もまた、帰り道に転倒事故を起こし入院する羽目になった。
その後は3人とも無事退院。これからは車バナナの皮に気を付け、交通規則を遵守する事をお互いに誓った。しかし、間もなくポロンの監視対象にされてしまう。事故以前の彼らはそんなに交通マナーが悪かったのだろうか?

ゾウ君の事故原因は「トラックとの正面衝突」。鼻を負傷してしまうが、それ以外の外傷は不明。
『交通事故~』では、自身の事故体験談を基にサル君へ交通事故の恐ろしさを語っているが、残念ながら彼の話は交通安全の意識を高めるには参考になりそうもない。
何故なら、彼の事故原因は、「自分は体が大きいから何とぶつかっても平気」という独善的且つ現実離れした考えから生まれたものだからである。
いくら自転車とぶつかっても平気だろうと、前方から自転車が来たら道を譲るなり回避なりするべきだろう。また、トラックと衝突してもへっちゃらだと思っていたらしいが、例のトラックの大きさは明らかにゾウ君を上回っており、「体が大きいから」という理由にすら繋がらなくなってしまっている。
トラックと正面衝突して鼻の怪我だけで済んだのなら本当に頑丈なのかも知れないが、これがもしも更に大きな車両だったらどうなっていた事か。というかそんな思考でよく今まで生きて来られたものだ。

ゾウ君の事故が事細かに語られている一方で、パンダ君の事故については一切触れられていない。両腕に包帯を巻いており、弱々しい声と目つきでサル君に「車に気をつけて」と訴えるのみである。

主な台詞

サル君

  • 「僕は、運動神経が発達してるから、大丈夫だよ」
  • 「バナナの皮にも、気をつけなくっちゃねぇぇ…」
  • 「これからは油断しないで、交通規則を守ろうねぇ」

ゾウ君

  • 「でも油断は禁物だよ?僕なんか体が大きいからさぁ、何が来たってへっちゃらだと思ってたんだけどねぇ?」
  • 「うああああっ!」
  • 「もう入院するのやだもんねぇ」

パンダ君

  • 「サル君も車には気をつけてね?」
  • 「みんな、車には気をつけようよね?」

  • 最終更新:2017-01-27 21:31:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード