大貫哲義

大貫哲義(1928年4月24日 - 2007年8月17日)は、昭和・平成期のスポーツライター、脚本家である。
テレビ脚本家としてアニメ「エイトマン」、ドラマ「七人の刑事」などを手がけたほか、スポーツライターとしても活躍し、主にサッカー選手や監督の評伝を多数執筆した。全国のサッカー指導者からの信頼も厚く、各地での講演も精力的にこなしていたという。作家や彫刻家として有名な高村光太郎氏の弟子であったらしい。(情報源)

「星の子ポロン」「ガンとゴン」で村山節子とともに脚本を手掛けた人物でもある。また、それ以前に時報映画社の「転落事故」でも脚本を手掛け、ミュンヘンの第一回交通フィルムフェスティバルでグランプリを受賞している。

  • 最終更新:2018-01-03 18:05:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード