太郎

meetaro.png

概要

ライトに目がくらむの巻』に登場するヤギの少年。
ある夜、親のお使いでタバコを買いに出かけるが、横断歩道を渡らずに道路を横切ろうとしたため、危うくオオカミ君らのに轢かれそうになる。

特徴

家を出る際の「ゲッツ」っぽいポーズ、車と鉢合わせになった時の「十四松」など、定型ネタは豊富に有する。

一方でポロニスト達を悩ませているのが「名前」である。
登場早々親から名前を呼ばれているのだが、この時の台詞が「メー太郎」とも「ねぇ、太郎」とも聞き取れてしまうのだ(当Wiki内では仮に『太郎』とする)。

ヤギの鳴き声に因んで「メー太郎」という名前であっても何ら不思議ではないし、同じ『ポロン』の登場キャラにも「タヌ吉」「ピョン子」「カバ太郎」等、『動物要素+日本人風の名前』が多数登場する。
彼に限ってシンプルな「太郎」という名前である可能性は高いとも言えない。

だが、件の台詞のイントネーションは明らかに「ねぇ」という呼びかけに近い。「メー太郎」という名前であれば上がり調子で「太」か「郎」にアクセントを付けるのが普通であろう。

果たして真相や如何に…?

主な台詞

  • 「は~い、いってきま~す」
  • 「横断歩道なんて面倒臭いや、近道してやろ~」
  • 「うわぁ、まぶし~い」

  • 最終更新:2017-07-30 07:38:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード