日本動画

日本動画とは、かつて存在したアニメ制作会社である。
過去に同名の会社が4社存在した。4社の関係は不明。

なお、「チャキチャキベイビー」の権利者の日本動画がどの「日本動画」であるかは未だに判明していない。

1.日本動画株式会社 (1948年 - 1952年)

政岡憲三、山本善次郎らが設立したアニメ制作会社。
1937年に設立された日本動画研究所がその源流となっている。1952年に日動映画に商号変更した後、1956年に東映に買収され、東映動画となった。
現在の東映アニメーションの源流。

2.日本動画株式会社 (1963年ごろ?【資料によると1965年】 - 1973年?【会社自体は少なくとも1981年まで存続?]】

映画プロデューサーで政治家の中島源太郎が設立したアニメ制作会社。東京都港区六本木に所在していた。
「九尾の狐と飛丸」を制作したあと、「日本漫画映画発達史 漫画誕生」「日本漫画映画発達史 アニメ新画帖」の二部作を制作し、わずか数年で解散したとされる。(実際にはこれ以降も活動が見られる。アニメ部門のみ解散したという意味だろうか…?)

1981年発行「アニメ・ハンドブック」によると、1981年時点での代表者は岸本政由氏で、アニメ製作だけでなくPR映画やCF製作も手がけていたという。1981年時点での最近作は「沖縄CTS」(PR映画)。(情報源)
そのほか1979年には岸本政由氏が日本動画株式会社所属として「ザ・サカナマン-一漁師キャメラマンの現状報告-」に参加している。いつ頃まで会社が存続していたかは判明していない。

TCJ動画センター(現・エイケン)との繋がりが強かったようで、同社製作の「冒険ガボテン島」に制作協力として関わっていたほか、日本動画製作の「九尾の狐と飛丸」にもTCJが関わっていたらしい。(情報源)
また、エイケンクロニクルにて日本動画製作の「九尾の狐と飛丸」がエイケン作品として紹介されている。(情報源)

ちなみに、早稲田大学演劇博物館には企画段階で幻となったと思われるアニメ映画「釈尊物語」や連続テレビ映画「挑戦」(1968年4月)の企画書が所蔵されている。

関連リンク


3.日本動画 (1969年ごろ? - 1975年ごろ?)

時報映画社がアニメ部門の子会社として設立したアニメ制作会社。ご存知「星の子ポロン」「ガンとゴン」の実制作を手掛けた。
過去に草創期のナックの作画部門として「すばらしい世界旅行」などに参加していたスタッフが所属していたという。

ゼンちゃんツーちゃん」や「ヤッちゃんと新入生」などの上映用アニメも日本動画制作であるかは定かではない。しかし、ポロンやガンとゴンのキャラデザを手掛けた桑島東輝が「ツーちゃんといっしょに見よう」で演出・作画を担当しているほか、ポロンと制作時期の近い「ヤッちゃんと新入生」は特にポロンに似た雰囲気を醸し出していた。

4.日本動画社 (1980年代)

設立の背景などはまったく不明。
みゆきプロダクションと一緒に仕事することが多い。

  • 最終更新:2018-02-07 21:11:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード