水上歩行機の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
鯉の滝のぼりの巻 水上歩行機の巻 モン太の道化大失敗の巻


登場キャラクター

滝に落ちそうなトラ君に気付き、水上歩行機で救助。
購入した水上歩行機がインチキだったのか運河を渡れず、川に流されてしまう。
なお、『虻と虎の子の巻』に登場する4足歩行のトラ君は彼に似た容姿だが、関連性は不明。
水の上を歩くことが出来る機械。作中ではトラ君とポロンが使用。

あらすじ

水の上を歩くことが出来る「水上歩行機」を購入したトラ君。
説明書を読み、早速足に水上歩行機を装着。説明書の通りに運河を渡ろうとするも、一歩目ですぐ沈んでしまう。速く足を動かしても沈んでしまい、そのまま川に流されてしまう。
流れてきた丸太にしがみつき、水上歩行機はインチキだったと悔しがるトラ君。その先には滝があった。
その光景をポロンが発見。トラ君は滝の手前の岩に掴まり助けを呼ぶ。
そこへポロンが水上歩行機を使いこなして登場。トラ君はポロンの手に掴まることで無事救助された。
ポロンの持っていた水上歩行機はインチキじゃなかったようだ。

全台詞

...


使用楽曲

MAAG - Robert Gretch

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

このエピソードはツッコミ所が多く、そのせいでエピソードから得られる教訓が分かりづらくなっている。
水上歩行機の説明書には「まず右足を出す」とあるのに、トラ君は一貫して左足から出していた。そこから考えると教訓は「説明書をちゃんと読む」となりそうだが、それではオチに繋がらない。
台詞から考えるとトラ君の購入した水上歩行機は偽物でポロンの持っていた水上歩行機は本物だろう。すると教訓は「物を買うときは注意する」となる。
ただ、ポロンもポロンで歩行機を水上スキーのように扱っており、この道具の用途が本当に「水上歩行」なのかも怪しいところだ。

川に流された末、滝に落ちそうになると、一本目とは別のエピソードでありながら危機状況が全く同じである。

定型コメント

偽ティガー
左じゃねーか
コウメ太夫
またかよ
駆逐艦 禿風

  • 最終更新:2017-05-20 20:59:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード