狼ハンターの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
消防車はよけて通そうの巻 狼ハンターの巻 山小屋は大騒ぎの巻


登場キャラクター

落下した狼君をキャッチして救助、皮肉を浴びせる。
鉄砲を携えクマや鴨を狩ろうとする。
クマ(ハンター)
狼君が持っていた鉄砲を折り曲げる。
外見は『鯉の滝のぼりの巻』のクマちゃんに似ている。
2羽登場。狼君に特攻し、返り討ちにする。

あらすじ

森へクマを仕留めにやって来たハンターの狼君。
鉄砲を構えつつ獲物を探していると大きなクマに出くわす。狼君はクマに鉄砲を折り曲げられてしまうが、何とか逃げ延びた。
気を取り直し、今度は池で泳ぐ2羽の鴨を狙うことに。ところが狼君はまたしても返り討ちに遭い、上空へ連れて行かれたかと思うと高所から落とされてしまう。
駆け付けたポロンによって何とか助かったものの、ポロンから「格好だけは一人前だったね」と皮肉を言われてしまう狼君であった。

全台詞

...


使用楽曲

Révélation Sur Le Mont Sinaï - Jean Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

今回は教訓らしい教訓が存在せず(強いて挙げるなら『小さいものは弱いという訳ではない』だろうか)、ラストのポロンも余計な嫌味を言っているだけで説教をしていない(狼君は完全被害者なので説教される筋合いなどないが)。

『狼ハンターの巻』というタイトルだが、狼をハントするのではなく「狼自身がハンター」である。だったら『ハンター狼の巻』の方が適切ではないだろうか。

その狼君が鉄砲でクマを仕留めようとするのだが、標的となるクマは『パンダとキツネの雪合戦の巻』のクマと同様、捕食動物としての本能が残っているタイプだろうか。

もうひとつの標的となった鴨達がやたら強いのもポイント。無数の銃弾を事も無げにかわしつつ狼君に特攻する姿はなかなかの迫力。2羽がかりで狼君を上空まで運んで落とすという鴨とは思えぬ力の入った返り討ちにも注目。

定型コメント

狼(が)ハンター
Take2
ダックハント
特攻隊員
鴨強すぎ
鳥葬

  • 最終更新:2017-05-06 19:22:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード