狼君(ハンター)

wolfhunter.png

概要

「ハンター」を自称するが、職業としてか単なる趣味かは不明。

自慢の銃を引っ提げて度々野山へ鳥獣類の狩りに訪れるが、毎回酷い目に遭っている。
普通の鉄砲でマシンガンの如き高速連射を繰り出すなど射撃の腕前は一流に見えるが、肝心の命中率は低く、作中でハンティングに成功した例は一度もない。
ポロンからも「格好だけは一人前」と辛口な評価を下されている。
また、第三者が飼っていると思われる伝書鳩を撃とうとした事がある。

主な台詞

  • 「俺様はハンター。今日は、クマを仕留めてやるからなぁ~」
  • 「助けて~!もうクマなんて、おっかないよ~ぅ!」
  • 「うぁ~!ヴゥィィッ、小さいと思っても馬鹿にできないんだなぁ」
  • 「今日は新しい鉄砲で、鳥を撃ちに来たのでありまーす」
  • 「ウワァァイ、分かったよ!伝書鳩はもう撃たないから、降ろして下さい!お願いしますぅ~!」

  • 最終更新:2017-03-11 16:26:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード