狼君きらいの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
地震は恐しいの巻 狼君きらいの巻 紙ヒコーキの巻


登場キャラクター

上空まで飛ばされたリスを救出。
狼君(狼君きらい)
ウサギに仲間外れにされ、あの手この手で仕返しを行う。
ウサギ(狼君きらい)
一緒に遊ぼうとした狼君を突き飛ばす。『目が見えないの巻』『地下室ほろうの巻』のウサギちゃんと酷似してるが、靴の色などが異なる。
リス(狼君きらい)
ウサギと遊んでいた。

あらすじ

公園の砂場で遊んでいるウサギとリス。狼君も一緒に遊ぼうとするが、ウサギに突き飛ばされてしまう。
腹を立てた狼君は手始めに砂を詰めた袋をウサギに投げつける。今度は公園のホースでリスにいたずらをする。水圧に押し上げられたリスは危うく落ちかけるが、ポロンに救出される。
ポロンはビームで狼君を反省させ、ケンカしないで仲良く遊ぶようにと説いた。

全台詞

...


使用楽曲

Kiddy Kappers - Jean Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「みんなで仲良く遊ぶ事」。

オオカミが出てきた時点でOKA確定の『星の子ポロン』だが、この回ではついにタイトルの時点でOKAである。
そんな狼君も本編では初っ端からウサギに身も蓋もない拒絶をされてしまう。スタッフはよっぽどオオカミが嫌いなのだろうか?

そんなウサギに腹を立てた狼君はウサギとリスに逆襲の限りを尽くし、ついにポロンにまでお仕置き(?)を受けてしまう。あのまま被害者のままでいればポロンも狼君の味方になってくれた…わけないか。
しかし、狼君だけに制裁が与えられるのはいかがなものか。確かに暴力で仕返しを行うのは悪いことだが、元はと言えばウサギが狼君を拒絶し、突き飛ばしたのが原因である。
「ウサギにも体罰を行え」とまでは言わないが、せめてポロンがウサギに注意するシーンでも入れておけば良かったのだが…。

ポロンの狼君に対する制裁がいまいちよく分からない。今回はビームを当てるだけで終わっており狼君もそれだけで反省している。思考を捻じ曲げたのか?

キャラが水圧で上空まで突き上げられる描写が久しぶりに登場。しかし、普通のホースの水圧でキャラを突き上げられるとはこれ如何に。『凧凧上がれの巻』のウサギ君といい、ポロン世界の動物はそんなに体が軽いのだろうか(重い奴は普通に重いが)。

定型コメント


  • 最終更新:2017-08-06 07:41:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード