砂と災難の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
目隠しで恐いものしらずの巻 砂と災難の巻 大地震とモグラ君の巻


登場キャラクター

砂山に埋もれたカニ君とタコ君を、浮遊させて救助。
鬼ごっこでは逃げる役。冷や汗をかきながら、鬼役のタコ君から逃げる。
口の位置がおかしい。
鬼ごっこでは鬼役。逃げるカニ君を何故か怒った表情で追いかける。
カニ君と同様、口の位置がおかしい。
ショベルカー運転手
オオカミと思われる。
冒頭に登場。海岸で二匹が鬼ごっこをしていることを説明する。

あらすじ

海岸でカニ君とタコ君が鬼ごっこをしていた。一方同じ頃、ショベルカーが海岸の砂をトラックに積み込んでいた。
カニ君を追うタコ君だったが、二匹ともショベルカーが作った穴に落ちてしまう。そして砂ごとすくい上げられてトラックに積まれ、砂山に埋もれてしまった。
砂山から出られずに揉める二匹だったが、そこへ通りかかったポロンがやや呆れつつも(?)救助。
最後に二匹へ車の周りで遊ばないように説教を行った。

全台詞

...


使用楽曲

L'appel Des Biocybs - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「車の周りで遊ばない」ということであるようだが、タコ君とカニ君は車の周りで遊んでいて騒動に巻き込まれたようには見えない(一方的な被害者とも見れる)。

冒頭でタコ君とカニ君は鬼ごっこをしているのだが、青筋を浮かせて追うタコ君や冷や汗だらだらで逃げるカニ君など、あまり楽しそうに遊んでいるようには見えない。むしろ、このような描写は『弱い者いじめの巻』のゾウ君とネズミ君を髣髴とさせる。

定型コメント

捕まらないようだ(客観的視点)
口がおかしい
優勝
いたずら♂
何やってんだ?(呆れ)
そういう問題じゃない

  • 最終更新:2017-07-02 16:13:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード