空中戦

←PREV ガンとゴン
発掘順エピソード
NEXT→
金貨とダイナマイト 空中戦 まきこまれたガンとゴン

登場キャラクター


あらすじ

飛行機に乗るガンとゴン。前方から雲のような物体が接近するのを確認するや否や、彼らは飛行機ごと突っ込み「空中戦」を決行。その後、2人は飛行機を失った代わりに小型のプロペラが付いた道具を使い、単独で空を飛ぶ。
すると彼らの前にまたもや雲が出現したため、再び特攻。雲を叩きのめした彼らは、今度は傘で滑空を始める。

そんなガンとゴンを飛行機に乗ったネズミが敵として出迎える。黒雲をけしかけるネズミに負けてたまるかと、ガンはロープを繋いだ磁石を飛行機へ投げ飛ばすことで機体直下まで辿り着く。ネズミは彼らに液体のシャワーを浴びせるが、傘であっさり防がれてしまう。
そのうちにガンとゴンは一旦地上に降り立つ。ゴンは磁石で飛行機と繋がったロープを思いきり引っ張り、ネズミの飛行機を手繰り寄せ墜落させた。
ネズミから賞金を取り戻したガン達。山分けしようと喜ぶガンに対し、ゴンは「賞金なんかいらない」と吐き捨てる。そして、呼び戻そうとするガンを余所に地平線に沈む夕日へと去って行くのだった。

全台詞

...


使用楽曲

  • (曲名不明01)
  • (曲名不明08)
  • (曲名不明09)
  • (曲名不明10)
  • (曲名不明11)
  • (曲名不明12)

エピソード所見(特徴・ツッコミ等)

相変わらずストーリーをまともに理解させる気がない「ガンとゴン」。ここまで来ると、前日譚にあたるエピソードが将来発掘されたとしても謎や疑問点が多く残ってしまう可能性すらある。

のっけから複葉機に乗ったかと思いきや、そのまま雲のような物体に突っ込み乱闘をおっ始めたガンとゴン。
この雲の正体は一体何なのか。この後登場するネズミが送り込んだ刺客なのか。さながら敵キャラのように描かれているが、ガン達の闘争心をここまで駆り立てるような相手ならそれ相応の脅威を持つ存在なのだろう。
雲を倒した後、ガンとゴンはプロペラの付いたアイテムや傘で空を飛んでいるが、これらは雲から奪った戦利品なのか、初めから2人が所持していた物なのかは不明。

後半は飛行機に乗ったネズミとの対決が描かれている。
そんなネズミに接近するため、ガン達は磁石を利用して飛行機にぶら下がろうとする。しかし、実際の飛行機の機体には主にアルミ合金が使われており、磁石がくっ付く事はない。飛行機と磁石のどちらかが特殊だと思われる。

そんな妨害作戦を仕掛けるガン達にネズミは機体から謎の液体を噴射する攻撃を行う。だが、見た目にもショボい上に肝心の液体が何なのかも分からないため、スタッフが伝えたかったであろう「2人がピンチを上手く切り抜けたぞ!」的シーンもまるで無駄になってしまっている。ネズミも「第二の手」とか言ってないでその辺をちゃんと説明すれば良かったのだが…。

こうしてシャワー攻撃も空しく弾かれ、ネズミは飛行機ごと地上へ引きずり落とされてしまう。
この時ロープで飛行機を引っ張っていたゴンだが、推進中の機体を数十~数百メートル下まで叩き落とすのには相当のパワーが必要となるはず。
これにてゴンが、おとぼけ者に見えて実はとんでもない怪力持ちである事が明らかとなった。「TVアニメ25年史」謂う所の「絶妙なコミカルパワー」とはズバリこれの事に違いない

哀れな叫びを上げながら墜落させられたネズミだが生死については不明。ギャグアニメならちゃっかり生かすもあっさり死なすも容易いが、さて、悪役に対し無慈悲で知られる時報映画社の判断は…?

ラストはこれまでのトンチンカンな展開とは打って変わって、ゴンの意外な一面が垣間見えるちょっぴり感動的なシーンで締め括られる。賞金欲しさにネズミを悲惨な目に遭わせた事に後ろめたさを感じたのかも知れない。お宝に目がない食いしん坊だが欲にばかりとらわれないゴンの強かさが描かれているようにも見える。
ガンを置いて独り夕焼けの砂漠を歩くゴンの哀愁漂う姿は、まるで最終回のような雰囲気さえ醸し出しているが…多分次回では、何事も無かったかのように旅を続けているだろう。

定型コメント

納言
クラッコ
わしにもわからん。突入するぞ
カエルの為に鐘は鳴る
????
タケコプター
緋雨閑丸
サー!
←水
列車!
なにわろとんねん
メーデー!メーデー!
賢者タイム
最終回

  • 最終更新:2017-06-04 19:24:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード