芋虫

imomushi.png

概要

りんご園騒動の巻』に登場する虫。擬人化されているわけではなく、作中ではりんごを食い荒らす「害虫」として複数体登場する。「芋虫」と言えばチョウやガの幼虫を指すが、この芋虫はキノコのような姿をしており足は生えていない。

りんごの木に殺虫液を散布する仕事を真面目にしないイヌ君とサル君に、ポロンは「りんごに殺虫液をかけてやらないと芋虫に食べられてしまう」という事を教える。この時にポロンが見せたイメージ映像のようなもので件の芋虫が登場する。
この芋虫が本当に作品世界に実在する虫なのか、それともポロンがビジョンを映し出すにあたって適当に考えた架空の芋虫なのかは定かでないが、イヌ君達もこの映像を見てからは危機感を抱き、芋虫達に取り囲まれている時には怖がっていたため、恐らく前者だろうと考えられる。

あくまでポロンが出したビジョンの演出に過ぎないかも知れないが、上記の通りイヌ君とサル君に集団で迫っている事から動物に対してもなかなか攻撃的な害虫のようだ。しかし、りんごを食べ尽くした際の『むしむしむし満腹~』という思わず脱力してしまう台詞からは、全く凶暴性を感じられない。
りんごの虫食いと言えば一部分を中途半端に齧られてしまうものだが、こちらの芋虫はというと、ご丁寧に果実全体を綺麗に平らげてしまっており、芯だけが残った状態となっている。いくら害虫でもここまで綺麗に食べてもらえたら、りんごもさぞ光栄だろう。

2016年12月に実施された「星の子ポロン 流行語大賞」では、前述の『むしむしむし満腹~』がまさかの大賞を勝ち取った。『いいんですよ』(店員・銀賞)や『ハンギングマン』(コロ助・銅賞)を差し押さえてのこの結果である。予てから人気の高いキャラ達の優勝を阻止してしまうとは、いやはや侮れない害虫である。りんご以外にポロニスト達の脳みそも蝕んでいるに違いない。

  • 最終更新:2016-12-31 09:28:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード