落ちた伝書鳩の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
(サブタイトル不明02) 落ちた伝書鳩の巻 (サブタイトル不明03)


登場キャラクター

ビームの力で狼君の鉄砲を捻じ曲げる。
2回目の登場。小鳥を撃とうとするも失敗。籠の中の鳩を撃とうとするが...。
小鳥(伝書鳩)
鉄砲の弾をアイロンのようなもので跳ね返し、返り討ちに。
狼君に狙われてしまう籠の中の鳥。

あらすじ

新しい鉄砲で再びハンティングに来た狼君。しかし、最初のターゲットである小鳥に返り討ちにされてしまう。
今度こそはと籠の中の鳩を狙う。怯える鳩。それを見たポロンは狼君の鉄砲を捻じ曲げ、鉄砲を爆発させる(?)。
ポロンは「鳩は撃ってはいけない」と説教を行い、狼君を空中からぶら下げる。狼君は「降ろしてくれ」と叫びながら反省するのであった。

全台詞

...


使用楽曲

Guitare Cristal - Robert Gretch

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「伝書鳩を撃ってはいけない」「伝書鳩には大事な役割がある」の2つ。
しかし1つ目の教訓は裏を返せば「伝書鳩以外は好きなだけ撃っても良い」という事にもなりかねない。そしてここはやはり「狼に厳しいアニメ」。狼なら脳天をブチ抜こうが構わないという事だろう。
そもそも20歳以下かつ免許を持っていない者の狩猟が禁止されている日本でこのような教訓を子供向け教育アニメに仕込む事自体間違っているとも言える。

狼君は籠の中の伝書鳩を狙うのだが、籠の中に入っている時点でその鳩は誰かが飼っているモノだろう。
「人が飼ってる動物を傷つけてはいけない」という教訓が当てはまるにも関わらず、ポロンはその件に関してはノータッチである。

狼ハンターの巻』の鴨と同様、非擬人化にしてはかなりスペックの高い小鳥が登場。銃弾を防ぐ盾を携帯するという用意周到っぷりにも驚きだが、この小鳥の棲家周辺はそんなに狩猟が盛んなのか。
小鳥は狼君に枝を落とすという反撃を仕掛けたが、予め枝の根元を脆くしておいたのだろうか。そこまで計算尽くで狩猟者対策ができる小鳥が多く住み着いているのなら、狼君は命が惜しければ鳥類を狩るのは避けた方がいいかも知れない。事実、『狼ハンター』では危うく鴨に殺されかけていたのだから…。

ところでサブタイトルの『落ちた伝書鳩』とはどのような意味なのか。「撃ち落とされた」という意味にしても、鳩は結果的にポロンに助けられているため不適切である。

定型コメント

狼ハンター
またお前か
ハンティングマン~
ありまぁす
エ゛エ゛ーイ
あんなところ
Nintendo Switch
OKA(狼に厳しいアニメ)

  • 最終更新:2017-05-06 19:21:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード