透明人間の巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
新しい薬の巻 透明人間の巻 いたずら失敗の巻


登場キャラクター

頭がおかしくなったウサギに気付き、彼をビームで正気に戻す。
ウサギ(透明人間)
自分が透明人間になれたと思い込んでおり、悪事を働くが結局気付かれてしまう。より強力な薬を作り上げるが頭がおかしくなって大変なことに。
くだもの店の店員
クマの店員。リンゴを盗んだウサギを痛めつける。
先生(透明人間)
動物小学校の先生。遅刻したウサギに激怒し、彼を廊下に立たせる。
助け合い運動の巻』に出てくる先生と容姿は似ているが関連は不明。

あらすじ

苦心の末、透明人間になれる薬を開発したウサギ。
早速飲み干して透明人間になれたと思い込んだウサギは、くだもの店のリンゴを万引きしようとするが、透明になれていないのですぐに見つかり店員に投げ飛ばされる。
学校にも堂々と遅刻しても大丈夫...と思いきや、やはり先生に叱られ、廊下に立たされてしまう。
今度こそはとウサギはより強力な薬を開発するも、飲み干した途端に頭がおかしくなってしまった。
そこにポロンが現れ、ウサギを正気に戻した後、「透明人間になるなんて無理な話だ」と説教を行った。

全台詞

...


使用楽曲

The Percolators - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は現実的ではあるが「透明人間になることは出来ない」。「当たり前だろ」なんていうツッコミはこのアニメの前では無力である。

ウサギは悪事のために透明人間になれる薬を開発していたのだが、目的はどうあれ、彼の「透明人間になりたい」という思いは尋常ではないと言えるだろう。結局、2回とも薬の開発に失敗し、悪事がバレたり、頭がおかしくなったりはしたが、現実でも確立されていない「透明人間になれる技術」という、非常に高いハードルに挑む彼の姿は称賛に値する。
何かと欠陥があって発明に失敗したエピソードのように、本エピソードには「失敗から学び、目標達成に近付こう」という教訓も隠されているのかもしれない。

実験中に爆発するシーンで漫画のオノマトペのように「ボン」という文字が現れる。発掘されたエピソードでこのような演出があるのは、今のところこの回と『標識のいたずらの巻』のみである。

動物小学校の先生がウサギに怒鳴るシーンだが、先生の首がやたら長い。ニコニコ動画上では「ポケットモンスターサン・ムーン」に登場するアローラ地方のナッシーにちなみ、「アローラのすがた」と揶揄されている。

ところで、当たり前の様に「透明人間」と発言しているが、擬人化された動物たちばかりが暮らすこの世界にも「人間」が存在しているのだろうか?

定型コメント

アキラァ!
ああ、透明人間だ!(超速理解)
ボン
アキラって悪い奴だなー
りり、りんごが・・・りりりりり
アローラのすがた
ガンギマリ

  • 最終更新:2017-06-01 18:28:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード