釣り場はテンヤワンヤの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
鏡のイタズラの巻 釣り場はテンヤワンヤの巻 ひとりで車が走り出すの巻


登場キャラクター

モーターボートに乗って魚釣りを妨害するキツネ君を釣り竿で懲らしめる。
タヌキ君の魚釣りをあの手この手で妨害する。
キツネではあるが、見た目はオオカミに近い。
タヌキ君(釣り場)
キツネ君に釣り針を口に引っ掛けられるわ、その彼に魚釣りを邪魔されるわで踏んだり蹴ったり。
タヌキのキャラなのに可愛くないうえ、妙な体色をしている。
冒頭に登場。キツネ君とタヌキ君が釣り堀にいることを説明しているようだが、台詞がおかしい。

あらすじ

釣り堀へ魚釣りをしに来たキツネ君とタヌキ君。
キツネ君は勢い良く釣り竿を振り回して投げ込むが、タヌキ君の口に釣り針を引っ掛けてしまう。タヌキ君はキツネ君から距離を空けて再び釣りを始める。
いまいち釣果のないキツネ君に対し、タヌキ君は入れ食い状態。それが面白くなかったキツネ君は、竿で水面を波立てたりモーターボートで水上を走ったりしてタヌキ君の妨害を始める。
見かねたポロンは、釣り竿でキツネ君を釣り上げ、そのまま木の下に宙吊りにするというお仕置きを行うのだった。

全台詞

...


使用楽曲

Relaxation - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「釣りの邪魔をしない」。

キツネ君はタヌキ君の釣りを妨害したいがために、何処から持って来たのかモーターボートにまで乗り込んでいる。船舶免許は持ってるのか?なんてツッコミはもはや通用しない域だが、一応釣り堀なのだから管理者にあたる人物がもっと早く止めるべきであっただろう。

そんなキツネ君にポロンは前半エピソード『鏡のイタズラの巻』以上に過激なお仕置きを実行している(背景が暗すぎるのもあって非常に分かりづらいが、ポロンはモーターボートに乗っているキツネ君を釣り糸で巻き付けて引っ張り上げているようだ)。言わずもがな釣りの妨害は迷惑行為だが、「鏡の~」のサル君が犯していたような行為ほど犯罪とまでは言えないため、さすがに厳し過ぎる。
今更な話だが、ポロンは動物達の犯した行為の悪質性とそれに対する罰のレベルとのバランスが取れていないのである。お仕置きばかりが教育の全てではないが、ここまで倫理観のズレた宇宙人キャラクターで「児童教育アニメ」を作ろうなんて無茶だった事が再確認できるだろう。

また、冒頭ではキツネ君が釣り糸を勢い良く投げ込んだせいでタヌキ君の口に釣り針を引っ掛けてしまうという痛々しいトラブルを発生させてしまっているが、ポロンはこちらについても注意すべきではないだろうか。釣り竿や釣り糸を無闇に振り回すのは大変危険である。釣りはマナーを守って強情張らずに楽しくやりましょう。

どちらかと言うとオオカミに近いキツネ君、可愛くない上に体色も違和感のあるタヌキ君など、『ポロン』名物の作画崩壊もいよいよ絶頂期を迎えたかと思わされるエピソードである。

また、ナレーションの「キツネ君とタヌキ君、釣り堀です」という台詞がまるで日本語になっていない。ナレーションは視聴者に舞台やシチュエーションの説明を行う重要な役目なのだから、出番があるならきちんと解説してもらいたい所だ。投げやりな説明をされるぐらいなら「釣り堀で魚釣りやってんのねぇ(無関心)」とでも言われる方がまだマシである。

定型コメント

キツネ君とタヌキ君釣り堀です(?)
投げやりなナレーション
いたそう
シコるオオカミ君
日本船舶振興会

  • 最終更新:2017-04-22 20:06:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード