鈴木孝夫

鈴木孝夫(1947? - )は、昭和・平成期のアニメーター・演出家である。

落合プロ所属時に東映動画の「ピュンピュン丸」「ゲゲゲの鬼太郎」などの作画を手掛けたあと、少なくとも1970年頃にはアニメスタジオ「スタジオマンモス」を設立し、東映動画の「マグネロボ ガ・キーン」「アローエンブレム グランプリの鷹」、ナックの「グロイザーX」のキャラクターデザイン、「まんが水戸黄門」「サイボットロボッチ」の作画監督を手がけた。1981年頃にはアニメスタジオ「アド・コスモ」に所属していたらしい。(情報源)
「星の子ポロン」の原画スタッフである高倉建夫氏の弟子らしい。

ちなみにナックの西野元社長によると、「グロイザーX」の制作当時、鈴木氏はタイにいて、タイで原画を仕上げて日本に送っていたらしい。(情報源)

「星の子ポロン」「ガンとゴン」で原画を手掛けた人物でもある。高倉建夫氏は動物やプロップ(小物やその他無機物)のデザイン、いわゆる各話設定は鈴木孝夫氏が手掛けていたのではと推測している。(参考)

少なくとも2009年頃まではアニメ制作に携わっていたと見られ、数々の00年代アニメの原画を担当していた。(参考:アニメスタッフデータベース)

  • 最終更新:2018-04-11 23:37:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード