食堂は大騒ぎの巻

←PREV 星の子ポロン
発掘順エピソード
NEXT→
エスカレーター騒動の巻 食堂は大騒ぎの巻 石油を堀りあてたモグラ君の巻

登場キャラクター

珍しく冒頭から登場。豚、モン太と食堂でご飯を食べに来た。
「食堂で大人しくする」という事を教え諭す。
食堂でラーメンの到着を待てず大声でクレームを入れる。しかし、ラーメンを食べる場合共食いになる可能性があるのだが…。(作中世界にも共食いという概念は存在しているようである)
また、このクレームを入れるシーンでは、何故か彼の鼻の穴が描かれていない。
劇中でポロンにモン太君と呼ばれている。
食堂で率先してラーメンを注文。ラーメンを待てずに食堂の椅子で遊んでいた。
食堂の従業員。一気にラーメンを3つ運ぶ事が出来る。
運んだラーメンを台無しにされ、泣き出してしまう。
終盤に登場。

あらすじ

食堂で昼食を取る事にしたポロン達。皆でラーメンを注文した。
ラーメンの到着を待つ事が出来ず、豚は「ラーメンまだかぁ!?おい何してんだ遅いぞ!?おい、ラーメン、ラーメン!!」と抗議。モン太君は食堂の椅子を積み上げて遊び出した。一応この時軽くポロンに諌められている。
やがてラーメンが完成。ウサギがラーメンを運んできたその時、モン太君が遊んでいた椅子が倒れ、ラーメンと衝突。豚とモン太君はラーメンを頭から被り、ラーメンが台無しに。せっかくここまで運んできた努力が水の泡になり、店員のウサギも泣き出してしまった。
そこでポロンはビームでラーメンを復元。ポロンのお陰で無事ラーメンを食べる事が出来た。

全台詞

...


使用楽曲

SENTIMENTAL TRIP - Jean-Jacques Perrey

エピソード所見(教訓・ツッコミ等)

教訓は「お店の中ではお行儀よくする」。

この回では最初と最後で「机に座る皆」を使い回しており、最後のシーンにラーメンを描き足している。その為、モン太君だけはラーメンが到着しても不機嫌なままこの話が終わる。

ラーメンが待てず椅子で遊びだしたモン太君だが、ふざけてやっている割にその表情は真剣そのものなのが何だか可笑しい。

ポロンは「これからはお行儀良く食べようね」と豚とモン太に教え諭すが、今回の騒動は食べる前に起きたことなので、お行儀良く食べることよりもお行儀良く待つことを教えた方がよいのではないだろうか?

この回は珍しくポロンが冒頭から登場、ほかの動物達と触れ合う様子が描かれている。
そんなポロンが光線の力で出したラーメンはこぼれたラーメンを復元したものと思われていたが、『弾丸滑降の巻』の発掘により、新しく生成したラーメンであるという見方もできるようになった。だとしたら食堂いかなくてもいいじゃん…。
また、ラーメンを被って火傷を負った豚とモン太君はその後何事もなかったかのように席に座っている。ポロンがビームでラーメンを生成したと同時に2人の火傷も治したのかも知れない。

舞台となった食堂のメニューについてだが、冒頭のショーウィンドウにはポロン達が頼んだラーメンの他に「五目そば」が確認できる。また、丼物(味噌汁付き?)も2種類ほど取り扱っているようだ。この他、別アングルからのカットでは、スライスしたゆで卵と野菜(キュウリ?)らしきものが盛られた謎の料理が見られる。

定型コメント

共食い
ね(威圧)
クレーマー
DQN
バカッター
レミリア・スカーレット
運んだって事が重要
青い
硫酸銅
工場廃液
まずそう

  • 最終更新:2017-07-09 20:55:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード